« 嫁業 | トップページ | 関西満喫! »

2017年3月21日 (火)

【ご報告】

昨年居住地を関東に移し
毎週帰阪する形で関西の仕事を続けてきましたが、
今年度をもって甲陽音楽学院とHAL大阪の講師を退任し
来年度から仕事の拠点も関東に移すことにいたしました。

甲陽音楽学院では11年間、
HAL大阪では8年間講師をさせていただき、
途中お世話になった別の学校も合わせると
累計1500人以上の学生を送り出しました。

お世話になりました沢山の方々に
本当に感謝の気持ちで一杯です。

簡単にですが
年度末に差し掛かった最近の出来事を綴っておきたいと思います。



3月に入り1週目、まずはHALで最終授業を迎えました。

先日も一度書きましたが(LINK)
学生たちからは色紙やメッセージDVDを
先生方からもお花をいただき感謝感激crying

Img_0163 Img_0141

毎週見てたこの景色、目に焼き付けてきました。

Img_0162Img_0327

ここで得たことは一生の宝物です。



2週目は甲陽の卒業&進級ライブ。

数年間シンセ周りのセッティングフォローで参加し
他の先生方や学生と一緒に試行錯誤してきた
思い入れのあるイベントです。

神戸朝日ホールの舞台裏を
何度全力疾走したことだろう。笑

Img_0291

でも毎回生徒たちの成長が見れたり
卒業生が遊びに来てくれて再会できたり
嬉しいことがたくさん起こる日なんです。

そして今回はなんと本番終わりに
寄せ書きをいただいて嬉しさ二倍weep

心のこもったメッセージ本当にありがとう!!!

Img_0318



そして最後は卒業式と体験セミナー3日程。

卒業式には数年ぶりに壇上で参加し
卒業生の名前の読み上げもさせてもらいました。

そして今度はスタッフの方々からこんなものを、、、涙

Img_0322

大切にします、ありがとうございます。


体験の中日には旦那氏のセミナーもあり
最終日はシンガーYURIさんの講師バンドで
一日演奏させていただきました。

Img_0351_2

YURIさん、講師バンドの皆様、スタッフの皆様、
この後の在校生セッションに参加したみんなも
ありがとうございました&お疲れ様でした!



退任を決意してからずっと考えてたんです、
若干23歳だった私を甲陽に講師として招いてくれた恩師は
なぜあんな生意気で未熟だった私にこの仕事が務まるなんて
思ってくれたんだろうと。

私はその期待に応えられたのだろうかと。

もし先生がご存命なら
今日この日に何て仰っただろうと。


最初は学生と歳もほとんど変わらなくて
逆に生徒側に不安を抱かせていたことと思います。

でも年数を重ねるにつれて世代による価値観の違いや
ゆとり教育の影響と共に若者たちのリアルを肌で感じ
伝えることの難しさと楽しさを知り
私自身も時代に寄り添う必要性を感じ
少しだけど歳を重ねたが故の説得力も出て
日々彼らの成長に刺激を受け、学んで、成長できました。

そして涙を流してくれた学生を見て思いました、
ほんの少しかもしれないけど
先生に恩返しができたかもしれないって。

学生時代には思いもしなかった専門学校の講師という仕事は
今や私のライフワークです。

これからも大切にしていきたいと思います。


来月からはHAL東京のミュージック学科にて
講師をさせていただくことになりました。

場所が変わっても私らしく
相変わらずイントネーションの激しい大阪弁で
熱苦しい講義をしていきたいと思います。

東京の皆様、どうぞよろしくお願いします!


そんな新たな職場、何度見てもいかつい、、、笑

Img_0304




最後になりましたが
この場でのご報告となってしまった皆様
直接ご挨拶が出来ませんでしたことお許しください。

そして在校生と卒業生のみんな、
皆からの近況報告は最大の講師冥利です。

嬉しいことがあった時でも
悩んだり迷ったりした時でも
いつでも連絡してね。


心から、感謝!




田口愛理 Official Web Site
http://www.airitaguchi.com

Airi Taguchi Facebook Airi Taguchi Twitter Instagramicon

|

« 嫁業 | トップページ | 関西満喫! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 嫁業 | トップページ | 関西満喫! »